スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

下半身ダイエットに良い食品



下半身が太いのが悩みという方、下半身ダイエットを考えている方の中には、特に脚痩せを考える人も多いのではと思います。

そこで、下半身ダイエットにおすすめの食品、積極的に摂りたい食品、避けたい食品などを紹介します。

まず下半身ダイエットには、食べ物に含まれる塩分にいつでも気をつける事が大切になってきます。

そのためにはカリウムを多く含む食品を食べる事も良いとされます。

塩分に含まれるナトリウムは、体内の水分をため込むような働きがあるため、塩分の摂りすぎは、体に水分をため込んでむくみやすくし、セルライトの改善も拒むそうです。

こうした状態の解消には、野菜やフルーツなどカリウムの豊富な食品を積極的に摂り、塩分の多い食品を控えるようにする事が大切になります。

体の代謝には酵素が関わっています。
この酵素の働きをサポートしてくれるビタミンとミネラル、不足すると体内の酵素が効率よく働かなくなり、脂肪の燃焼、血液やリンパの流れも悪化し、セルライトの解消もうまく行かなくなります。

ビタミン類は緑黄色野菜に、ミネラル類は海藻類に多く含まれます。

積極的に摂りたい食材を細かく見ると、グリーンアスパラガス、にんにく、かぼちゃ、にら、セロリ、きゅうり、海藻、あずき、大豆、栗、ゴマなどがあり、これらの食材には特にビタミンやミネラルが多く含まれており、更に水分代謝を良くしてくれる働きを持つものばかりだそうです。

その他に食品に関する注意点としては、良質のタンパク質を摂り下半身太りを防ぐ事や、フルーツのカリウムが水分を排出してくれる事、お菓子やケーキなどの糖分を避け脂肪のため込みを防ぐ事、マーガリンやショートニングなどのトランス型脂肪酸を含む油を利用した食品を極力避ける事などがあるそうです。

下半身痩ダイエットのためには食品から気を遣って改善していくのが良い方法といえるようです。

効率よく下半身ダイエットをしたいなら

↓↓↓




詳しくはこちら>>

category : ダイエット | - | trackbacks(0)
ページトップ▲

下半身ダイエットのポイント



下半身ダイエットを頑張って、細くなりたいと思っていたのに、より太い下半身になったり、減ってほしくない胸のお肉は落ちてしまうという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

そのためもあり下半身ダイエットはよく難しいと言われるのかもしれません。

そして、セルライトを伴った下半身を細くしていくのはかなり大変な事なようです。

ただ下半身の脂肪や水分の蓄積による下半身太りだけではなく、セルライトの発生には様々な要素がからみあっています。

食事方法やエクササイズ、サプリメントなどを上手に組み合わせて、すっきりと下半ダイエットをするポイントとは何なのでしょうか。

まずはストレスを貯めない事です。

ストレスは血管を収縮させ、血液の流れを悪くする為、脚はうっ血してリンパの流れも悪くなります。

毒素・老廃物などは体内にいつまでも留まるようにもなってきます。
そして余分な水分もため込まれてしまいます。

体内の毒素を処理する為には多量の水分が必要です。

水を飲むと逆にむくむと思われがちですが、体内で発生する老廃物をしっかり体外に出す為にも水は必要です。

8杯を1日で飲むくらいが水の摂取量の目安です。

フルーツは体内の浄化を促進するとともに、即効性のエネルギーとなります。
ビタミン、ミネラル、植物成分、さらに水分の補給にも理想的です。

フルーツにはカリウムも多く、体内の余分な水分がカリウムにより自然に排泄されます。
フルーツを「適量」積極的に食べるようにしましょう。

タンパク質不足はむくみに直結するだけでなく、セルライトの損傷組織の修復や脂肪の燃焼、その他の代謝にも支障がでてきます。
良質のタンパク質を日々の生活で確保する事が大切です。

下半身エクササイズやウォーキングなどの有酸素運動は、毎日少しずつでもいいので実行します。

適度な下半身運動により、血行の促進、体内の毒素や脂肪の運び出しがスムーズになり、ストレス解消にもなります。

またマッサージも習慣にすると良いようです。

脂肪減少、むくみ改善のサプリメントや、体の調整に働くサプリメント、栄養の消化吸収・同化をサポートする酵素サプリメント、セルライト内の線維の正常化に必要なビタミン類やミネラルなどを状態に合わせて摂るのが良いです。

下半身ダイエットのポイントと言っても様々ですが、できる事から始める事が下半身痩せへの第一歩であるといえます。


効率よく下半身ダイエットをしたいなら

↓↓↓




詳しくはこちら>>
category : ダイエット | - | trackbacks(0)
ページトップ▲

下半身ダイエットの為のエクササイズ

下半身の太さがどうしても気になる方が多くいると思いますが、下半身ダイエットの一つの方法がやはり、日々のエクササイズであると言えます。

まずヒップから太ももにかけてのエクササイズは、フィットネスクラブに行けるのであれば一番良いですが、自宅でもできる方法としてはまずスクワットがあります。

しゃがんだ姿勢から太ももの力で徐々に立ち上がり、完全に立ち上がった時にヒップから太ももの裏の筋肉が完全に収縮されるように意識して立ち上がり、完全に収縮された状態を約2秒保ちます。

ゆっくりとスタートのしゃがんだ位置まで戻します。

しゃがんだ時にヒップから太ももの裏側が完全に伸びる状態を意識します。
この繰り返しがスクワットです。

そして下半身痩せ、ふくらはぎのエクササイズです。

ふくらはぎには大別して2つの大きな筋肉がありますが、まず背伸びしてふくらはぎの裏側が2つに割れる筋肉、もうひとつはその筋肉の外側にあるヒラメ筋です。

フィットネスクラブに行けば、それ専用のマシンがあるかもしれませんが、ここではフルレンジの動作を心がけます。

階段や小さな段差などを利用し、スタート位置のふくらはぎの筋肉が完全に伸びた状態にし、ふくらはぎの裏側の筋肉を使い徐々に背伸びするように上げていきます。

上まで上がった状態でふくらはぎの裏側の筋肉を収縮させ、この状態で2秒ほど保ちます。

この時ふくらはぎの外側のヒラメ筋も動員されているかどうか触って確認します。

自分の体重では軽いようならダンベルなどを持ってやると良いです。

回数に関しては、15回から20回が目安になります。

ふくらはぎのエクササイズはもう少し増やして30回ほどでも良いのではとされています。
重量に関しては上記の回数を全力でやってやっとできるくらいの重さに設定します。
これを2?3セットするのが適当なようです。

ダイエットを目標にしているなら、これらのエクササイズは毎日行っても構わないようです。

時間がとれない場合は有酸素運動を優先すべきだそうです。
1日、2日間隔が空いても気にする事は無いようです。

下半身ダイエットが目的である場合、まずは食事と運動の差し引きですので、いくら部分痩せしたくてもエクササイズだけしても何の効果もないようです。

部分痩せをする前に全身のダイエットを優先させる事が大切で、それでも気になる場合は下半身痩せなど、部分的なダイエットを取り入れるのが大切となってきます。

かなり多くの人が下半身痩せなどを望んでいるようですが、だいたいは一般のダイエットで解消されるようです。

効率よく下半身ダイエットをしたいなら

↓↓↓




詳しくはこちら>>
category : ダイエット | - | trackbacks(1)
ページトップ▲

下半身ダイエットとは


下半身ダイエットを考えている人々の中によくある質問に

「上半身に比べ下半身が太っている」、

「下半身ばかりが太っていてズボンが履きたくない」、

「下半身が太っていてズボンにシャツを入れられない」

「どうしたら下半身ダイエットができますか」というものがあります。


この疑問をもつ人はほとんど100%が女性であると言われています。
しかし「下半身太り」というのは本当の事なのでしょうか。

女性の多くが、自分の事を下半身が太っていると思いがちです。
しかし周りの人はそれについてどう思っているのでしょうか。

逆に自分が周りの人を見た場合下半身が太っている人はそんなに多いでしょうか。

それ以上に自分が太っていると思い込んでいる人が多いのではないかとも思われます。

しかし上半身より下半身のほうが太りやすい要因は確かにあります。

下半身に比べ、上半身の方がよく体を動かすという事がまずあります。

体の中でまず一番動かしているのは「まぶた」、次に「指」、そして「肘」、「手首」と続きます。

優先順位から考えると上半身を間違いなく動かしている事がよく分かります。

理由は座っていても寝ていても動かせるからです。

もう1つ理由があります。

日常生活の中で、上半身と言うのは案外ストレッチ系の動きをしている事です。
これに比べて一定の動きしかしないのが下半身です。

例えば、座る、歩く、眠る、あまりバラエティーに富んだ動きは期待できません。

自分の気になるお肉が下半身のどの辺りについているかよく見てみると、たいていお尻から太ももの後ろにかけてや、ふくらはぎの内側などではないでしょうか。

逆に日常で良く使う太ももの前面などは筋肉のキレが目立ったりするほど脂肪はついていないのではないかと思います。

そしてたまに運動をすると、このお肉のついている周りの筋肉が筋肉痛になるのではないでしょうか。

それだけ日常生活でこの部分を動かしていないといえるのです。

それではどうしても下半身の太さが気になる方はどの様な事をすればいいのでしょうか。
日常的に動かさないなら、時間を作って動かしてあげれば良い事が分かります。

なんと言っても、筋肉が完全に伸びた状態から筋肉がこれ以上収縮できないという範囲で脚をうごかすエクササイズをすることです。

やはり部分的な引き締めにはエクササイズが最適なようです。

効果的に下半身ダイエットをしたいなら、


↓↓↓



詳しくはこちら>>
category : ダイエット | - | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
ダイエット | 下半身ダイエットの方法サイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM